このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


救済の高僧「忍性」 - 16日に生誕800年法要

2017年7月10日 奈良新聞

忍性菩薩利生塔の前で新たに描いた文殊菩薩図像を持つ工藤顕任・般若寺副住職=6日、奈良市般若寺町の同寺

イラスト入りトートバックなどの特別記念グッズ

 鎌倉時代の高僧・忍性(1217~1303)の生誕800年を記念した法要が、今月16日、奈良市川上町にある忍性が開いたハンセン病患者の保護施設「北山十八間戸」(国史跡)などで営まれる。忍性が深く帰依した文殊菩薩図像の開眼供養のほか、福祉施設への寄付を目的とした特別記念グッズも販売。貧者や病人らの救済に尽くした忍性の心をしのぶ。

 忍性は現在の三宅町屏風に生まれ、西大寺の高僧・叡尊に師事。戒律復興や社会事業のほか、社会的弱者の救済にも尽力し現在の社会福祉のさきがけとなった…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新駅改札を地下に - 近鉄郡山駅移転[2017.09.20]

法人税も寄付金も減 - 天理市の課題(中)写真付き記事[2017.09.20]

炎上の車、40メートル自走 - 積荷の酸素ボンベ爆発/生駒写真付き記事[2017.09.20]

県内地価、10年連続下落 - 下落幅、昨年より拡大写真付き記事[2017.09.20]

河瀬監督の新作「Vision」 - 吉野で撮影開始写真付き記事[2017.09.20]

異文化でおもてなし - 法隆寺国際高が留学生21人受け入れ写真付き記事[2017.09.20]

最優秀賞に梅津さん - 広陵「靴下デザインコンテスト」写真付き記事[2017.09.20]

法隆寺国際、18安打快勝 - 秋季近畿地区高校野球県予選写真付き記事[2017.09.20]

建設費高騰に懸念も - ごみ処理の広域化/天理市の課題(上)写真付き記事[2017.09.19]

目に鮮やか十二単 - きものの祭典/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ