このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年2月14日 奈良新聞

 韓国で開かれている平昌冬季五輪は、熱戦が続いているが、前回スノーボードで銅メダルを獲得した御所市出身の平岡卓選手は、残念な結果だった。

 同市のアザレアホールで、市民らがパブリックビューイングで声援を送っていた。決勝進出はかなわなかったが、その健闘ぶりをたたえた。

 政治色の濃い大会となっているが、開会式の演出といい、関係者の努力と苦労が感じられる。冬季なので当たり前の話だが、寒さも相当なものらしく、テレビ中継からも伝わってくる。

 体調管理をしっかりして、選手の皆さんは最高の力を発揮してもらいたい。現地で報道する記者にも同じことがいえる。テレビ観戦していても、厳しい寒さが伝わってくる。

 2日前の朝、奈良の平野部が真っ白の雪で覆われて驚かされた。ノロノロ運転の車が目につき、交通渋滞もあった。祭日だったので、通勤通学への影響がなかったことは幸いだった。

 日本海側の豪雪は、夏の台風とは違った被害が出ている。雪降ろし作業など高齢化時代を迎えて、その深刻さが分かる。春が待ち遠しい。(治)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]

4月16日、生駒で開校 - FCバルセロナ・サッカースクール奈良校写真付き記事[2018.02.21]

奨学生に卒業記念品 - 介護福祉士 保育士の養成を支援写真付き記事[2018.02.21]

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ