このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


文化の多様性理解を - 「日本ESD学会」など近畿研究会

2018年2月13日 奈良新聞

世界遺産教育について講演する西山要一名誉教授=12日、奈良市高畑町の奈良教育大

 持続可能な開発のための教育(ESD)を推進する日本ESD学会などは12日、奈良市高畑町の奈良教育大学で、1回目となる近畿地方の研究会(同実行委員会など主催)を開いた。県内外の教育関係者ら約100人が参加。記念講演や研究発表などを通して歴史文化遺産教育の活用事例などを学んだ。

 記念講演には奈良大学の西山要一名誉教授が講師に招かれ、「世界遺産から学ぶ歴史と文化そして未来社会の創造」をテーマに講演。各国の世界遺産の事例や問題点などを紹介し、文化の多様性を認め合うことの重要性や世界遺産を活用した教育の実践方法などを紹介した…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]

4月16日、生駒で開校 - FCバルセロナ・サッカースクール奈良校写真付き記事[2018.02.21]

奨学生に卒業記念品 - 介護福祉士 保育士の養成を支援写真付き記事[2018.02.21]

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ