このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年2月13日 奈良新聞

 平昌冬季五輪が開幕。開催地と時差のない日本では連休と重なったこともあって、まだ序盤戦ながら既にテレビ観戦に夢中という人も多そうだ。

 厳しい寒さが伝えられる同大会だが、選手や応援団からは4年に1度の大舞台にかける気迫が伝わってきて、競技会場はむしろ熱気に満ちている。

 ただ、そんな中にあって以前の五輪が持っていた過剰な緊張感が薄れてきたように見えるのは好ましい。国民の期待は今も大きいが、開会式で軽やかに行進する出場者の姿は見ていて楽しい。

 また前回の開催国で組織的ドーピング問題が発覚したロシアが、今回は個人資格の選手だけの出場となったことも教訓として前向きにとらえたい。

 国威発揚のためではなく、自分自身のため世界に挑み、限界を乗り越えて頂点を目指す。2年後に東京五輪が迫る中で、今冬季大会を競技場整備や選手育成の意義を考える機会にもすべきだ。

 そして大会5日目、きょう13日はスノーボード男子ハーフパイプ予選に、いよいよ平岡選手が登場。地元の御所市ではパブリックビューイングも開催、声援の熱狂が高まる。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]

4月16日、生駒で開校 - FCバルセロナ・サッカースクール奈良校写真付き記事[2018.02.21]

奨学生に卒業記念品 - 介護福祉士 保育士の養成を支援写真付き記事[2018.02.21]

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ