このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


新講堂は「一条丸」舳先イメージ - 一条高建て替え計画

2018年2月8日 奈良新聞

会見で新講堂のデザインを説明する建築家の隈研吾さん=7日、奈良市役所

船の舳先をイメージした新講堂のパース(隈研吾建築都市設計事務所提供)

 奈良市と同市教委は7日、市立一条高校(同市法華寺町、藤原和博校長)の講堂の建て直し計画を発表した。平成32年の東京五輪で主会場となる新国立競技場も手掛ける、建築家の隈研吾さんが設計を担当する。同講堂は建築から60年を経て、耐震性能にも問題を指摘されていた。解体工事は今年12月ごろを予定しており、藤原校長は「新講堂で32年5月15日の創立記念式典開催を目指したい」と意気込んでいる。

 隈さんは藤原校長と30年来の友人で、講堂の建て替えを考える講座を開く中で基本設計プランを完成させ、この日、公表した…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]

4月16日、生駒で開校 - FCバルセロナ・サッカースクール奈良校写真付き記事[2018.02.21]

奨学生に卒業記念品 - 介護福祉士 保育士の養成を支援写真付き記事[2018.02.21]

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ