このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年1月20日 奈良新聞

 お隣の三重県の地方紙「伊勢新聞」が、創刊140周年を迎え、その祝賀会に参加した。明治11年(1878年)の創刊なので国内でも古い新聞社だ。

 前年にはあの「西郷どん」こと西郷隆盛が、不平士族らとともに立ち、西南の役が起こった。明治となっても、まだまだ世情は混乱していた時期だ。

 NHKの大河ドラマの影響で、今年は西郷さんゆかりの鹿児島が元気がいい。明治維新から150年ということで、お隣の京都も維新にちなんだイベントが多数計画されているようだ。

 江戸城明け渡しから、上野の彰義隊、会津の白虎隊、東北の列藩同盟、そして北海道は函館の五稜郭と、日本全国が舞台になった。奈良はどうだったのか。

 お城があった大和郡山市長さんと高取町長さんに、「明治150年行事をしてほしい」とお願いしたところだ。華々しいだけでなく、それぞれの明治維新があったはずだ。

 歴史は勝者が書くものと言われる通り、明治維新に対する評価は幕府は悪との見方がされている。勝てば官軍が、本当に正しいか。城破れた奈良だから、見えることもあろう。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]

4月16日、生駒で開校 - FCバルセロナ・サッカースクール奈良校写真付き記事[2018.02.21]

奨学生に卒業記念品 - 介護福祉士 保育士の養成を支援写真付き記事[2018.02.21]

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ