このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年1月18日 奈良新聞

 「教師になって初めての担任となったのが、君たちの学年。印象深い」と中学の恩師。バレーボール部の顧問だったが、自身競技経験がないにもかかわらず、鬼の形相で猛烈指導し、好成績をもたらせたのを思い出す。

 四十数年前の話で、当時はスポ根漫画の全盛期。強豪の体育部顧問、生徒は練習、試合に明け暮れ、休日はほとんどないのが常識だった。

 運動部活動の在り方を議論するスポーツ庁の検討会議で、中学校の活動を週2日以上を休養日、時間制限などをするガイドラインの骨子案が示された。

 「休みがとれない」。学校の運動部活動は教員にとって大きな負担となっている。昔の教師は強靭(きょうじん)だったと懐かしむつもりはない。現在、教師の雑務は多すぎ働き方改革は時代の流れだ。

 ただ、体育部活動の大きな目的の一つが勝利による達成感である以上、一律で練習時間を制限するのはどうか。「ゆとり教育」の二の舞になりはしないか。

 東京五輪金メダルの日本女子バレーボール、大松博文監督の名文句は「黙って俺についてこい」だが、ここは黙ってないで考えよう。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]

4月16日、生駒で開校 - FCバルセロナ・サッカースクール奈良校写真付き記事[2018.02.21]

奨学生に卒業記念品 - 介護福祉士 保育士の養成を支援写真付き記事[2018.02.21]

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ