このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年1月14日 奈良新聞

 先日の雨の成人式に続いて、今冬一番の冷え込みと大雪のなかで、大学入試センター試験が始まった。若者たちの門出に自然は容赦ない。

 幸い県内の受験生は、厳しい寒さではあったが、雪に悩まされることなく初日を終えた。これまで学んできたことを、悔いなく十分に力を出せただろうか。

 入試という関門は、少年が大人になる儀式といえよう。現実の社会は毎日が試験でもある。勝つことも負けることもあり、努力が報われなくて悔し涙を流すこともある。

 それでも、その努力はけっして無駄ではない。手を抜けば、それは自分で分かるし、結果もそうなる。たった1回の試験で、人生のすべてが決まるわけではない。

 それだけに大阪大学で、昨年の落とされた受験生が本当は合格だったというニュースは、あまりにも残酷だ。他の大学に行った人や、再度挑戦しようと浪人生活を送っていた人もいよう。

 ほぼ1年という時間を「返してほしい」と言いたくなる。他のすべての大学で、今年は同じ過ちを繰り返さぬよう、願うばかりだ。受験生には、きょう2日目の健闘を祈りたい。(治)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]

4月16日、生駒で開校 - FCバルセロナ・サッカースクール奈良校写真付き記事[2018.02.21]

奨学生に卒業記念品 - 介護福祉士 保育士の養成を支援写真付き記事[2018.02.21]

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ