このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


「民泊」の普及 県内温度差も - 規制条例、整合性課題

2018年1月11日 奈良新聞

 一般住宅に旅行者を有料で泊める「民泊」が今年6月に全国で解禁されるのを前に、県と奈良市が、それぞれ独自に営業区域や日数などを制限する条例を制定する。ただ民泊の普及については積極姿勢の県と、体験型などに絞りたい奈良市との間に「温度差」があり、同じ県内でも同市とそれ以外の市町村で規制に差が生じる見通しだ。今後、両条例の整合性を保つため県と市の双方が協議を進めていくが、その隔たりは大きい。

 ▽解禁前に条例づくり

 国は平成32年の東京オリンピック開催に向け、より多くのインバウンド(訪日外国人客)を取り込もうと、外国人観光客に人気の民泊を推進。6月には住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行され、原則として自治体への届け出だけで民泊営業が可能にな…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ