このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年1月11日 奈良新聞

 振り袖の販売・レンタル業者が突然営業を取りやめて、成人の日に晴れ着を着られない新成人が相次いだ。警察が詐欺容疑で調べるという。

 晴れの日を飾りたいと、親も本人も楽しみにしていたに違いない。前もって着付け、鏡に映るその姿を見て、立派に育ったわが子に涙した人もいよう。

 なのに、当日になって店は閉まっており、従業員はいない。おそらく早起きして、約束の時間に間に合うよう出掛けたことだろう。その若者たちの夢を踏みにじった罪は大きい。

 大人の社会は契約の社会ともいえる。日時を決め、金銭を介した取引だ。その約束が守られなかった。しかも業者は逃げてしまった。まさしく犯罪行為だ。

 式に出席できなかった新成人が多くいたという。どこの会場も懐かしい中学や高校時代の同級生と会って、話の輪が広がっていたが、参加できなかった人のことを思うと無念さが分かる。

 昨年末に発覚した県のキジの放鳥事業で、猟友会幹部が自宅に持ち帰っていたが、政治家の介入や口裏合わせの情報も入るなど深刻だ。だまされた県の姿勢が問われることになる。(治)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ