このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年1月3日 奈良新聞

 年が明けたが、大方の人は、きょう3日までが正月休み。正月気分に十分ひたることができただろうか。

 正月といえば、やはりお雑煮、もちが主役である。西日本は主に丸もち、東日本は角もちだそうだ。だしの種類や味、中に入れる具も地方によってさまざま。雑煮のことをを語り出したら、熱い論争になる。

 農林水産省の広報誌「aff(あふ)」2017年12月号に、もちの特集記事があった。県在住の伝承料理研究家、奥村彪生(あやお)さんが登場し、もち食文化について語っていた。

 「…鏡開きは鎌倉時代から。吉野町にある金峯山寺で、砕いた鏡もちを煮て薄い花びら形にし、配ったことに始まるといわれています」とあった。

 また、雑煮は日本の多用な食文化の象徴であり、「今なお土地の文化を色濃く残す貴重な存在」と位置づけ。家によっても内容が異なる「家」の歴史が凝縮された食べ物だそうだ。長崎出身の母が作る雑煮は「すまし、丸もち」だった。

 「だからこそ、大切に食べ継いでほしい」と奥村さんは結ぶ。故郷を思い出しながら味わうことにしよう。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ