このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年12月15日 奈良新聞

 師走も半ば。何かと気ぜわしい時期に、ふと迎春準備の手を止めさせるのが喪中はがき。来し方を振り返る年末に、改めて故人との縁をたぐる。

 ただ、ときには亡くなっていたことを知らずにいて驚くケースも。先日の本紙ニュース川柳には一句「喪中ハガキ訃報に使う水臭さ」ともあった。

 高齢者が増え葬儀の簡素化が進んでいることが背景か。見送りは身内だけで行い、知己縁者には気を使わせないよう連絡は事後とする。そんな思いをエンディングノートに記す時代でもある。

 年齢とともに活動範囲が狭まり、徐々に社会とのつながりも希薄になっていく。だから人付き合いも形式的なものから順に整理していくしかない。

 それでも、なお大切にすべき交遊、よしみがあると知ればこそ水臭いと川柳子は詠むのだろう。賀状は送ってくれるなと言う喪中はがきを手に、さてどうしたものかと困り果てることもある。

 厚労省によると県内の平均寿命は男性が81・36歳で女性は87・25歳という。高齢化ではなく長寿化を祝い、新年を心待ちにできる社会づくりには水臭くない絆が欠かせない。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ