このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年12月6日 奈良新聞

 フォークソングブームがあった時代、「京都フォーク」を代表する存在だったのが、ザ・フォーク・クルセダーズだった。そのメンバーの一人、はしだのりひこさんが2日、72歳で亡くなった。

 フォークルは一世を風靡(び)した「帰って来たヨッパライ」や、「悲しくてやりきれない」などのヒット曲で知られた。解散後は「―とシューベルツ」で「風」、「―とクライマックス」では「花嫁」とヒット曲を連発した。

 妻が大病になった時は、“主夫”として話題になった。ここ10年ほどはパーキンソン病と闘いながらも、体調のいい時は歌っていたという。

 今年4月、京都でのライブで、元メンバー・きたやまおさむさんとの45年ぶりの共演が最後となった。45という数字に、音楽シーンや社会の時の流れの早さを感じてしまう。

 フォークル時代の「イムジン河」を含む曲の数々は、京都を舞台にした大和郡山出身、井筒和幸監督の映画「パッチギ!」で使用され、重要な役割を果たしていた。

 これらの曲は、今後も歌い継がれていくだろうが、今の時代にそうした歌がないのが寂しい。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ