このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


宿泊者はバス代0円 - 県南・東部への14路線/1日から冬限定

2017年11月30日 奈良新聞

 県南・東部地域の観光振興で県は、あす1日から同地域の宿泊者を対象に路線バス運賃キャッシュバックキャンペーンを実施する。路線バスを無料で利用してもらうことで、同地域の宿泊者増加を目指す。今年で4回目。来年3月4日まで14のバス路線で実施するほか、十津川村に向かう路線は3月30日まで利用可能となる。

 同キャンペーンは平成27年1月から実施。行きのバスで発行される「乗車証明書」を宿泊施設で提出すると運賃が返金され、帰りのバスのチケットがもらえる仕組み。最大で大人往復の運賃6900円分が無料となる。

 県南部や東部に向かい、十津川村の十津川温泉や天川村の洞川温泉、山添村などにある指定された77の宿泊施設を利用した際に利用できる。

 バス路線は奈良交通の八木新宮線や洞川線、下市天川線などで、乗車バス停は八木駅や五條駅、榛原駅など。ほかに季節限定の霧氷バスも対象になる。

 運賃は往路、復路とも県が全額負担し、往路は宿泊施設、復路は奈良交通に支払う形で精算する。大人片道の運賃は、八木駅―ホテル昴(十津川村)の3450円が最も高いという。

 県によると、同キャンペーンの成果は着実に上がっており、昨年度は延べ1万605人が利用。同課の担当者は「冬のキャンペーンとして定着しつつある。路線バスを活用し、冬に県南東部に宿泊してほしい」と呼び掛ける。問い合わせは同課、電話0742(27)8479。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ