このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


触れて聴いて楽しんで - 県文館で全国障害者作品展/国文祭・障文祭なら2017

2017年11月24日 奈良新聞

力作が並ぶ「全国障害者作品展」=23日、奈良市登大路町の県文化会館

 「障害のある人とない人の絆を強く」をテーマに「全国障害者作品展」が23日、奈良市登大路町の県文化会館で始まった。第32回国民文化祭なら2017と第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会の一環。入場無料。25日まで。

 同展は、県内外から障害がある人もしくは障害がある人を含むグループで出品できる「ビック幡(ばん)」部門(応募数368点)と、触覚や聴覚以外で楽しめる作品を展示する「体感部門」(同6点)のほか、県外在住の障害者または障害がある人を含むグループから絵画や写真、書道、彫刻などを出品してもらう「自由部門」(同151点)で構成。

 自由部門は、奈良が最後のニホンオオカミの目撃例が伝えられている県であることから、犬をモチーフとした東大寺毘盧遮那犬仏や、狐曼荼羅絵など発想もユニークな絵や針と糸、またビーズを使うなどして仕上げた絵などが展示され、訪れた人の目を楽しませている。

 体感部門は、小さい鈴が付いた編み物のダンシングスーツなど実際着ることができ、動画撮影で楽しめそうな作品、手触りなど触覚や聴覚で楽しむ作品を展示。幡部門は、審査で選ばれた128作品が幡に仕立てられ、30日まで東大寺大仏殿前に掲揚されている。

 第17回全国障害者芸術・文化祭実行委員会事務局の青野ななさんは「どれも独創的でユニーク。ぜひ多くの人に会場に足を運んでもらいたい」と話している。同館では「県障害者作品展」も28日まで開かれている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ