このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年11月18日 奈良新聞

 文化の秋にふさわしく、国民文化祭と障害者芸術文化祭の全国初の一体開催で、県内各地で文化の華が咲き誇っている。それも最終盤だ。

 県がこの時期を大芸術祭として進めてきたことが、功を奏しているようだ。忙しい時代だからこそ、ちょっと展覧会に足を運んだりして、芸術作品に触れてみたい。

 近年は参加型のイベントも数多く、親子でともに楽しめるものがある。橿原市の藤原宮跡では、きょうから2日間、「万葉浪漫フェスティバル」が開かれる。

 ご当地キャラクターの出演や着ぐるみショーのほか、鷹匠(たかしょう)による鷹飛ばしの実演もある。中国古代の楽器の演奏などもあり、楽しめそうだ。圧巻は秋の夜空を彩る花火の打ち上げという。

 小さな町単位のイベントもあれば、県や全国規模の催しもある。ガイドブックを片手にあちこち回るのも面白い。芸術に親しんで教養を高め、歩くことによって健康にもなれる。

 そして各会場で、その地の特産品を賞味することで、食欲の秋も満喫できる。寒い冬も間近だ。行く秋を惜しんで、大和の奥深さに触れてほしい。(治)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ