このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年11月17日 奈良新聞

 税について最も思いを巡らすのは確定申告のころだろうか。何か大きなものを取得する際に意識するかもしれない。

 国税庁は税の意義や役割、税務行政への理解促進などを目的に、11月11~17日に「税を考える週間」を設けている。県内でも同週間に合わせて表彰式やセミナー、啓発イベントなどがあった。

 日常生活の身近な部分で税が使われ、役立っているのは何となく分かるが、全体像は判然としない。そんな人が案外多いのではないか。

 直接的に国民、市民のためと思えない税の使途も、巡り巡って日々の安全、平和につながっていることもある。それらを税を使う側が丁寧に説かないと、納税者に根強い、取られた感は拭えない。

 納税者側も今一歩踏み込んで税と向き合う必要はある。今後、人口減での税収減に伴う税率変更や税源多様化は必然で、近視眼的では不満の種だけ残る可能性が否めないからだ。

 先頃の衆院選では消費税率引き上げや使途が論議の対象となった。今のみならず次世代の暮らしを思えば、選挙や特定の時期だけでなく、税への関心は持ち続けていたい。(智)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ