このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


生徒開発商品が好調 - 火を使わず香るアロマキャンドル/奈良情報商業高

2017年11月11日 奈良新聞

開発商品の販売に取り組む(右から)宇治さん、山田さん、露木さん=10日、桜井市河西の奈良情報商業高

 桜井市河西の県立奈良情報商業高校(中井基雄校長)の生徒が、同校での開発商品「アロマプレート」の販売に取り組んでいる。商品製作や販路拡大にも積極的に挑戦。広告や対面販売といったノウハウについても学びを深めている。

 同校では平成26年度から毎年、生徒が商品開発を実行。学校文化祭や地域イベントなどで販売している。本年度はさらに、委託販売の形で店舗販売にも乗り出した。

 活動の中心メンバーは1年生の宇治花笑さん(15)と山田安香さん(16)、露木姫華さん(16)の3人。同校で平成27年度に開発された「アロマプレート」は、火を使わなくても香るキャンドルで、今回4種類の香りを用意した。商品は3人が放課後、手作りしている。

 委託販売は9月から開始。学校周辺の店舗への売り込みから始まり、現在では道の駅針テラスや喫茶店、マッサージ店など県内13事業所20店舗に商品が並ぶ。これまでの売れ行きは好調で9月は404個、10月は287個を売り上げた。

 3人は10日に行われた文化祭でも対面販売。宇治さんは「自分の薦めで買ってもらえるとうれしい」と笑顔で話した。

 11月からは新たに生徒2人が活動に参加。今後さらに取り組みへの人数を増やし、商品の改良や販路の拡大も図りたい考えだ。

 露木さんは「多くの人に買ってもらえるようにいい商品を作っていきたい」と意欲。山田さんは「貴重な経験。社会に出てからも役立つ」と意気込んでいる。

 価格は1個200円(税込み)。瓶タイプ(ハート形320円、二層式270円)や芳香剤(170円)もある。

 商品などへの問い合わせは同校、電話0744(42)4014。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

質疑 扱い巡り論議 - 来月実施は難航か/少数党派配慮の県会[2017.11.20]

「南国」薫る魅惑の歌声 - 万葉浪漫フェスin藤原宮跡写真付き記事[2017.11.20]

「がん検診」受けて - 県と協働でキャンペーン写真付き記事[2017.11.20]

叔父への思い 世界へ - 米田さんに感謝状/視覚障害者専用の囲碁盤を考案写真付き記事[2017.11.20]

黒点見えるかな? - 奈良教育大で「科学の祭典」写真付き記事[2017.11.20]

小林くん(生駒南小)ら8人に優秀賞 - おさかな川柳コンテスト写真付き記事[2017.11.20]

時間外労働抑制が最多 - 県内企業の「働き方改革」[2017.11.20]

御所実、天理下しV2 - 終了間際、劇的逆転/全国高校ラグビー県予選写真付き記事[2017.11.20]

命の重さ伝え続けて - 奈良市・子ども安全の日のつどい写真付き記事[2017.11.19]

「高校生の研究」熱く - 奈良大で歴史フォーラム/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.11.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ