このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


興福寺旧境内に瓦窯群 - 平安―鎌倉期初期4基

2017年11月10日 奈良新聞

南都焼き討ちから復興期の瓦を焼いたとみられる窯(県立橿原考古学研究所提供)

 県立橿原考古学研究所は9日、奈良市登大路町の興福寺旧境内で、平安時代から鎌倉時代初期の瓦窯群が見つかったと発表した。興福寺に瓦を供給した窯跡で、平安時代末の平氏による南都焼き討ちで焼失した伽藍(がらん)の再建時の瓦も作ったとみられる。同寺の伽藍造営に関わる瓦の生産体制を知る貴重な資料になりそうだ。

 今年3月上旬から旧県婦人会館などの跡地約750メートルを調査。昭和44年度の調査でも確認されていた瓦窯9基を再検出した…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]

受け継いだ思い乗せ - 小林正夫さん追悼コンサート写真付き記事[2018.01.18]

奈良観光 天理交通 三ツ星 - 2期連続認定の快挙/貸切バス安全性評価写真付き記事[2018.01.18]

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ