このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


地元交渉が本格化 - 財政難、実現に壁/奈良市新斎苑

2017年11月10日 奈良新聞

台風被害の状況を聞き、今後の対応を協議する仲川元庸市長ら=8日夜、奈良市鹿野園町の集会所

 奈良市の仲川元庸市長は8日夜、同市横井町の新斎苑(火葬場)計画地に最も近い鹿野園町を訪れ、先の台風被害をもとに今後の防災対策や、計画推進に向けた協議をスタートさせることを確認した。計画地の「地元」として横井東町、白毫寺町に続き鹿野園町にも地元対策協議会が設置され、環境が整った。ここにきて市は、ようやく対話の糸口をつかんだ形だが、厳しい財政状況の中でどれだけ住民側の要望に応えられるのか、むしろ、ここからが正念場との見方もある。

 ■半ば諦め

 「われわれは建設反対の旗を降ろしたわけでない。推進派ももちろんいるが、各種団体、また住民も7割は今も反対だ」。鹿野園町集会所に集まった対策協(11人)のメンバーは竹中正彦自治会長(71)ら9人。その言葉に仲川市長は「肝に銘じる。今後も説明を通し理解者を増やせるようにしたい」と表情を引き締め…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ