このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年11月10日 奈良新聞

 年賀はがきの販売が始まり、奈良中央郵便局でも発売初日にセレモニーが行われた。もうそんな時期かと思いつつ、はがきで手紙を出す回数が減っていることにあらためて気付く。

 郵便に代わるさまざまな通信手段がある時代。当たり前のことなのだが、写真や絵入り、多彩に装飾したはがきをやりとりしていた頃が懐かしい。

 はがきに貼る切手にこだわる人もいた。通常の切手に外国切手を添えたり、季節や記念時に発行される特殊切手を用いたり。文面と切手を判じ物のように連動させたものもあった。

 特殊切手は、職業とする人が極めて少ない切手デザイナーが、限られたサイズの中で表現する芸術世界。図柄、テーマに時代の匂いも織り込まれ、利用価値の高いものが少なくない。

 好みの問題もあるが、今年の特殊切手は近年の中では特に気持ちが動く。はがきが届いた先での笑顔が想像できるからだ。

 ここ数年、年賀状だけの知人も増えた。それはそれで思いを込めて出すつもりだが、もう一通、相手の心を和ませる私信を送りたい気分が、魅惑的な切手を見て高まっている。(智)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ