このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年11月6日 奈良新聞

 「学生の多くはバラとカーネーションやチューリップぐらいしか、花の名は知らないのが悲しい」という、ある短大教授の話が「雑記帳」欄に紹介されていた(5日付)。

 筆者もそんなに詳しくないが、今どきの若者よりはましかもしれない。それは生活環境の違いなのだろう。学校や家庭で、花に囲まれた暮らしをしていれば、おのずと花の名前も覚えるのだろうが、そんな機会がないと覚えるのは難しい。

 会社の同期のS君はデートの時、花屋の店先でペチュニアという花を指さして「ボクの今の気持ちです」と言ったらしい。花言葉は「あなたと一緒なら心がやわらぐ」なのだとか。

 当方は、そんなおしゃれな会話とは無縁だが、必要性に迫られる人は、花言葉をきっかけに花の名前を勉強するのもいいかもしれない。

 時あたかも花を愛でるには心地良い季節。野山や街なかを歩きながら、目に映る花の名前を覚えるには好機だ。

 冷たいスマホの画面ばかり見続けていると、せっかくの季節の移ろいにも気付かなくなる。時には目を休ませて、花を見れば、心豊かになれるかもしれない。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ