このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年11月4日 奈良新聞

 北から南へ、そして山の峰から麓へと足早に下ってくる紅葉前線。県内は吉野山が既に見ごろとなり、信貴山や奈良公園も色づき始めたようだ。

 もちろん紅葉と言っても木々の種類によって時期が異なる。紙面にも掲載されている「紅葉だより」が対象とするのは主に名所のイロハモミジだ。

 真っ赤に染まる小さな葉は、秋の日差しを透かして美しく、散ってまた風情がある。在原業平の有名な一首「千早ふる神代も聞かず竜田川」が描写する深紅も恐らくこの木のことなのだろう。

 ただ読み方は同じでも黄葉というものある。代表格はイチョウ。県内では天理市の中心市街地を彩る街路樹、また各地で見られる巨木の黄も圧巻。

 奈良地方気象台の生物季節観測によると、イロハモミジの紅葉が奈良市で見ごろを迎えるのは例年、今月下旬から12月上旬。ただし最早は10月9日と記録されているから結構、幅は大きそう。

 雨の日が多かった先月とは打って変わり、好天に恵まれた3連休。秋山で紅葉狩りを楽しむ人もいるだろうが、崩れた斜面や荒れた散策路などには十分な注意を怠りなく。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]

受け継いだ思い乗せ - 小林正夫さん追悼コンサート写真付き記事[2018.01.18]

奈良観光 天理交通 三ツ星 - 2期連続認定の快挙/貸切バス安全性評価写真付き記事[2018.01.18]

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ