このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


国際色豊かな品々 - 正倉院展28日開幕

2017年10月28日 奈良新聞

ペルシャを起源とする美しいガラス製杯の「緑瑠璃十二曲長杯」=27日、奈良市登大路町の奈良国立博物館

 28日に開幕する第69回「正倉院展」の内覧会が27日、同市登大路町の奈良国立博物館で開かれ、聖武天皇ゆかりの品々が報道機関や招待者らに一足早く公開された。

 今年は10年ぶりの出陳となる「羊木臈纈(ろうけち)屏風」や初出陳品の10件を含む計58件を展示。シリアやペルシャなどシルクロード各地を起源した国際色豊かな品々がそろった。

 羊木臈纈屏風は東大寺に奉納された聖武天皇遺愛品の目録「国家珍宝帳」に記載された屏風の一部。布の表面に蝋(ろう)を塗って防染し模様にする技法「ろうけつ染め」で、木の下にたたずむ巻き角の羊などを表現する。

 「漆槽箜篌(くご)」は西アジアのアッシリアが起源の竪琴(ハーブ)で摸造品も展示。鮮やかな濃緑色のガラス製杯「緑瑠璃(るり)十二曲長杯」は口縁に12の屈曲を持つ。

 このほか、修理が終わり初出陳される「伎楽面迦楼羅(かるら)」や仏への献物箱「碧地(へきじ)金銀絵箱」、鳥頭形の注ぎ口を持つ「金銅水瓶」など多彩な品がそろう。

 11月13日まで。開場時間は午前9時から午後6時まで。金、土、日曜と祝日は同8時まで。観覧料は一般1100円、高校・大学生700円、小・中学生400円(団体は100円引き)。平日は午後4時半、金、土、日曜と祝日は同6時半から使用できるオータムレイトは、一般800円、高校・大学生500円、小・中学生200円。

 問い合わせはNTTハローダイヤル、050(5542)8600。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

質疑 扱い巡り論議 - 来月実施は難航か/少数党派配慮の県会[2017.11.20]

「南国」薫る魅惑の歌声 - 万葉浪漫フェスin藤原宮跡写真付き記事[2017.11.20]

「がん検診」受けて - 県と協働でキャンペーン写真付き記事[2017.11.20]

叔父への思い 世界へ - 米田さんに感謝状/視覚障害者専用の囲碁盤を考案写真付き記事[2017.11.20]

黒点見えるかな? - 奈良教育大で「科学の祭典」写真付き記事[2017.11.20]

小林くん(生駒南小)ら8人に優秀賞 - おさかな川柳コンテスト写真付き記事[2017.11.20]

時間外労働抑制が最多 - 県内企業の「働き方改革」[2017.11.20]

御所実、天理下しV2 - 終了間際、劇的逆転/全国高校ラグビー県予選写真付き記事[2017.11.20]

命の重さ伝え続けて - 奈良市・子ども安全の日のつどい写真付き記事[2017.11.19]

「高校生の研究」熱く - 奈良大で歴史フォーラム/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.11.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ