このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年10月23日 奈良新聞

 政党も政治家も保身の情熱をぎらつかせる中で、有権者は政権を選択した。投票には行かれただろうか。

 3年前の衆院選後に本紙が掲載した新代議士へのインタビューを繰ってみた。「国民に分かりやすいはっきりしたテーマを示せなかったところがある」と振り返ったのは自民党の奥野信亮氏。争点がぼやける中、県内の投票率は小選挙区制導入後で最低の55・60%だった。

 民主党(当時)の馬淵澄夫氏は「争点をつくらせないことが自民の戦略だった」と分析したが、自党の候補を擁立できたのは県内選挙区の半数にとどまり、民進党瓦解の予兆は足元に表れていた。

 2回の選挙に共通するのは、タイミングよく抜かれた解散権の宝刀を受け切れず、野党第一党が傷を深めたことだろう。

 希望の党の立ち位置はいまだ不明瞭だが、今回の結果を受け、政界再編がさらに進む可能性もある。

 政治は国会議員のためでなく国民のためにある。当たり前のことだが、投じられた一票一票に有権者のその言葉が期待とともに込められていることを、国会にのぼる新代議士は心したい(増)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ