このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年10月22日 奈良新聞

 「空の青さや海の匂いのように万葉の歌人が、その使用法をよく知っていた『かなし』という言葉のようにかなしい」。モーツアルトの音楽を評して小林秀雄はこう表現した。

 弁護士の下村敏博さん(67)が万葉集の歌に曲をつけ、所属するアンサンブル・シュバリエのコンサートで3曲が初披露された。西洋のスタイルで書かれた下村さんの曲を聴いて、前述の小林エッセーが頭に浮かんだ。

 九州防衛のために遠国から徴用され、故郷を思う防人(さきもり)の歌、謀反の疑いで捕らえられて護送される途中の有間皇子の歌、自殺した娘をしのんだ母の歌。

 純粋無垢な万葉人の心情だ。3曲はいずれもかなしい。万葉集には「かなし」という言葉が114語あり、悲哀、愛しい、孤独など幅広く使われているという。

 終演後は聴衆から「非常に素晴らしかった」との声があった。歌曲から1300年前の「かなし」が伝わった。

 下村さんは6年前、万葉歌コンクールで明日香村長賞を受けた。それから書き溜めた万葉歌27曲で楽譜集を出した。来年にはCD化などを予定している。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ