このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


「昭和」を体験して - おもちゃや生活品/県民博で企画展

2017年10月17日 奈良新聞

昭和期のおもちゃで遊ぶ児童=大和郡山市矢田町の県立民俗博物館

 昔のおもちゃや暮らしの体験ができる、県立民俗博物館秋期企画展「こどものくらし―あそびとまなび」が、大和郡山市矢田町の同館で開かれている。11月26日まで。

 同館所蔵の昭和初期の教科書やおもちゃ、生活用品など約300点を展示。体験コーナーでは、同時期の子供向け雑誌や教科書を手に取って見ることができる。また輪なげ、だるま落しといったおもちゃで遊ぶことも可能。蓑(みの)や笠、わらじの試着コーナーもあり、当時の生活の一端を体感することもできる。

 遠足で同館を訪れた天理市立井戸堂小学校4年の林滉太朗くん(10)は蓑を試着。「軽くて気持ちがいい」と話した。

 同館の茶谷まりえ学芸員は「昔の生活用品やおもちゃの実物を見たことがない子供たちに、実際に触って楽しんでほしい」と話している。

 午前9時から午後5時開館。月曜休。入館料は一般200円、大学生など150円。高校生以下無料。22日と11月26日には学芸員による展示解説がある。

 問い合わせは同館、電話0743(53)3171。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]

受け継いだ思い乗せ - 小林正夫さん追悼コンサート写真付き記事[2018.01.18]

奈良観光 天理交通 三ツ星 - 2期連続認定の快挙/貸切バス安全性評価写真付き記事[2018.01.18]

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ