このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年10月13日 奈良新聞

 人は叱るより、褒めて育てる方が良く伸びるという。仕事の効率を上げたいときも怒鳴るより、持ち上げて使う方が頑張りを引き出せたりする。

 もちろんケースによって結果は異なるが、選挙の場合はどうだろう。優勢だと言われるよりも劣勢だと厳しい評価を受ける方が陣営が引き締まる。

 ただ有権者が抱く印象は、どちらが良いか微妙な面も。弱い陣営に支援が集まる判官びいき、また逆に勝ち馬に乗る動きなど、優劣に関する情報が正にも負にも作用することがあって難しい。

 実際のところ報道によるアナウンス効果には作為がないし影響力も明確ではない。それでも選挙関係者は日々ニュースの文言に神経をとがらせる。

 ただ政治家が表面的な世論動向に敏感過ぎても良くない。叱られるにせよ褒められるにせよ、常に有権者と正面から向き合う姿勢を保ってさえいれば、選挙の際も支持はブレないに違いない。

 抜き打ち的な衆院解散に続いて野党再編の動きが急展開。直近2度の師走選挙より以上に慌しい感じもするが、有権者は落ち着いて一票を行使、より良い政治を育てたい。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ