このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


本尊脇侍、初修理へ - 220年ぶり“外出”/岡寺

2017年10月12日 奈良新聞

修理のため脇壇から運び出された愛染明王像=11日、明日香村岡の岡寺

修理の勧進を目的に授与される護符=奈良市登大路町の県庁

 明日香村岡の岡寺は、本尊・如意輪観音坐像(国重要文化財)の脇侍(わきじ)の不動明王像と愛染明王像を江戸時代の開眼から初めて修理する。11日、修理のため両像が約220年ぶりに寺外へ搬出され、修理のために奈良市登大路町の奈良国立博物館内にある美術院の工房に運ばれた。

 両像とも木造で台座も含めた総高は不動明王像が2メートル27センチ、愛染明王像が2メートル8センチ。寺内で見つかった祈願札によると、両像は寛政6(1794)年に長谷寺化主も務めた高僧・法住の命により、弟子で岡寺住職の法實が造立したとされる。制作から200年以上を経て、表面の彩色が浮き上がり剥落(はくらく)の恐れがあるなど傷みが発生。そのため、同寺は約2年間の予定で修理を行うことを決めた…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県が行政代執行 - 生駒の盛り土[2017.12.18]

お旅所へ行列千人 - 春日若宮おん祭「お渡り式」写真付き記事[2017.12.18]

奈高専、廃炉ロボ頂点 - 原子炉建屋想定し操作[2017.12.18]

廃校に笑い声 - NPOが寄席開催/宇陀カエデの郷写真付き記事[2017.12.18]

クラシック楽しんで - 24年ぶり定期演奏会/橿原で奈良フィル写真付き記事[2017.12.18]

最古は昭和9年3月設立 鹿愛護会 - 「戌年」の県内法人[2017.12.18]

バンビシャス連勝 - 前半着々、逃げ切る/B.LEAGUE写真付き記事[2017.12.18]

三条通まで朱雀大路に - 「天平薫るまち」構想/積水工場跡地活用[2017.12.17]

良い年願い大しめ縄 - 宝山寺 一の鳥居写真付き記事[2017.12.17]

「広域化や建て替えも」 - 奈良市クリーンセンター建設問題写真付き記事[2017.12.17]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ