このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年10月9日 奈良新聞

 かつて難解とされた現代アートだが、観光資源での活用も含め国内でも定着した感がある。同ジャンルと呼べる作品範囲の広さも一因だろう。

 鑑賞者が作品の一部になったり、展示方法、場所が従来形でないものも少なくない。作品との向き合い方でも自由度が高い。

 第32回国民文化祭・なら2017と、第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会の交流事業「体感する奈良!“心”感覚展」(県文化会館で15日まで)は、五感で展示物に接する展覧会だ。視覚だけでなく、さわったり、香りを嗅いだり。

 現代アートの趣き漂う同展は、障害の有無にかかわらず奈良の魅力の一端に触れる体験型。両祭を初の一体開催にした思いの根幹に触れる催しの一つでもある。

 アイマスクをして動物の形状を感じ取り、香りから大和茶や塗香を再認識する展示などがあり、心に響く内容は各人各様に違いない。その振れ幅を楽しむのが、この催事の味わい方だと思う。

 鑑賞者が展示物に能動的にかかわる点ではリレーショナルアートでもある。見えるものだけにとらわれない試みは芸術の秋にふさわしい。(智)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ