このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


触って感じて「奈良」 - 「“心”感覚展」きょう開幕/国文祭・障文祭なら2017

2017年10月6日 奈良新聞

作品を触って奈良を感じようとする訪問者ら=5日、奈良市登大路町の県文化会館

 障害のある人にも奈良の魅力を感じてもらえる展覧会「体感する奈良!“心”感覚展」が、きょう6日から奈良市登大路町の県文化会館で始まる。大淀町文化会館での実施に続く第2弾。展覧会県内で一体開催中の「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」の一環で、5日は報道関係者に展示が公開された。

 県文化会館2階の展示室CDEが会場で、アイマスクを着用して入る「心」感覚動物園など約20のコーナーが設けられている。

 「心」感覚動物園は手の感触だけで動物を当てる趣向で、足元も見えない中、はらはらどきどきが楽しめる。また体感する奈良のコーナーでは、大和茶や塗香を嗅いだり、橿原考古学研究所が製作した興福寺銅造仏頭のレプリカ、立体加工を施した木簡の模型などが並んでおり、触ることもできる。

 会場には「ご自由におさわりください」と表示があり、ギネスに登録申請をしているという19万個のボトルキャップを使ったアート作品も触れる。

 期間中の8日には本展覧会のアドヴァイザー、全盲で国立民族学博物館の広瀬浩二郎准教授の講演会「見えない世界を見る―ふかめて、のばして、あたらしくなるカラダのふしぎ」が行われる。

 開催は15日まで(ただし10日は休館)。午前9時から午後6時まで。入場無料。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県が行政代執行 - 生駒の盛り土[2017.12.18]

お旅所へ行列千人 - 春日若宮おん祭「お渡り式」写真付き記事[2017.12.18]

奈高専、廃炉ロボ頂点 - 原子炉建屋想定し操作[2017.12.18]

廃校に笑い声 - NPOが寄席開催/宇陀カエデの郷写真付き記事[2017.12.18]

クラシック楽しんで - 24年ぶり定期演奏会/橿原で奈良フィル写真付き記事[2017.12.18]

最古は昭和9年3月設立 鹿愛護会 - 「戌年」の県内法人[2017.12.18]

バンビシャス連勝 - 前半着々、逃げ切る/B.LEAGUE写真付き記事[2017.12.18]

三条通まで朱雀大路に - 「天平薫るまち」構想/積水工場跡地活用[2017.12.17]

良い年願い大しめ縄 - 宝山寺 一の鳥居写真付き記事[2017.12.17]

「広域化や建て替えも」 - 奈良市クリーンセンター建設問題写真付き記事[2017.12.17]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ