このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


古代へ続く赤い帯 - 明日香のヒガンバナ

2017年9月23日 奈良新聞

古代歴史ロマンの地に咲くヒガンバナ=明日香村豊浦の古宮土壇周辺

 23日は二十四節気の一つ、秋分。日没が徐々に早まり、この日でほぼ昼と夜の長さが等しくなる。日中の暑さも去り、やがて肌寒く感じる日も増えてくる。

 秋分の前後7日間は秋彼岸。明日香村の各所ではヒガンバナが見ごろとなっている。ヒガンバナ科の多年草で、別名はリコリスや曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも。球根に毒を持つことでも知られている。

 同村豊浦の古宮土壇(ふるみやどだん)周辺では田のあぜに沿ってヒガンバナが咲き、赤い帯に。推古天皇の小墾田(おはりだ)宮や蘇我氏に関する庭園跡といわれる場所で、ヒガンバナの時期には県内外から写真愛好家が集まる。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ