このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月23日 奈良新聞

 米国のやり方はなかなか変わらないものだ。トランプ大統領の発言から、そう感じる。最後は武力行使に走るのではと懸念される。

 十数年前、米国政府は北朝鮮、イラク、イラン、アフガニスタン、リビアを「ならず者国家」と規定。常に戦争へのにおいがつきまとい、イラク戦争など実際に武力行使もした。

 当時の核・ミサイルをめぐる北朝鮮との対峙(たいじ)はいったん和らいだかに見えたが、米朝双方のトップが替わって、また双方の強硬姿勢が露出してきた。

 北朝鮮はかつて、イラク戦争における米国の武力行使がどのようなものかを目の当たりにし、いろいろ考えたはずだ。その上での今回の言動は、とても危険なように見える。

 日米韓3国で足並みをそろえた北朝鮮に対する圧力強化がどのような結果をもたらすか。米韓両国はベトナム戦争の実績がある“戦友”かもしれないが、日本は違う。

 わが国は世界に向けて戦争放棄を発信しているのであり、ずるずると“戦争への道”を進むようなことがあってはならない。安倍晋三首相の最近の発言に、不安を感じて仕方がない。(北)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]

漱石を所蔵資料で紹介 - 天理図書館で開館87周年記念展写真付き記事[2017.10.18]

黒滝白きゅうり 県知事賞に中井さん - 品評会の表彰式写真付き記事[2017.10.18]

希望、自民、激戦の1区 - 2、3区は自民優位か/本社世論調査 衆院選2017[2017.10.17]

考古学で解く太子の世界 - 飛鳥時代の古墳解説/王寺で歴史講座写真付き記事[2017.10.17]

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017[2017.10.17]

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン写真付き記事[2017.10.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ