このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


そろり10メートル“道半ば” - 唐招提寺御影堂修理で曳家工事

2017年9月22日 奈良新聞

ジャッキに押されて移動する御影堂の宸殿=21日、奈良市五条町の唐招提寺

 奈良市五条町の唐招提寺は21日、鑑真和上坐像(国宝)を安置する御影堂(国重要文化財)の平成大修理で、建物を解体せずに移動させる「曳家(ひきや)」工事を開始した。主要部の宸殿(しんでん)と玄関部分を切り離し、10月末までにそれぞれ北側へ約30メートル移動。発掘調査を行った後、建物基礎の補強工事に着手する。

 この日は、宸殿(東西約23メートル、南北約15メートル、重さ約90トン)の曳家を実施。ジャッキで建物を地面から約60センチ持ち上げて4列のレールに乗せ、水平方向の別のジャッキ4台でゆっくりと押して移動させた。1回の作業で約80センチ動かし、夕方までに約10メートル進んだ。

 御影堂の建物は江戸時代の慶安3(1650)年ごろに興福寺一乗院として建立。明治維新後、奈良地方裁判所などに使用され、昭和39年に現在の場所に移築された。

 しかし、地盤沈下による建物傾斜や雨漏り被害が発生。寺は県文化財保存事務所に委託し、4月から約50年ぶりの本格修理に開始した。建物の基礎工事の後、再び建物を元の場所に戻し屋根の葺き替えなどを実施。総工費は約7億5000万円を予定で、平成33年3月の完成を目指す。

 西山明彦長老は「50年前の先人たちの努力がなければ、今の御影堂はなかった。今回も多くの人の協力を得て、貴重な文化財を次の世代に引き継ぎたい」としている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]

漱石を所蔵資料で紹介 - 天理図書館で開館87周年記念展写真付き記事[2017.10.18]

黒滝白きゅうり 県知事賞に中井さん - 品評会の表彰式写真付き記事[2017.10.18]

希望、自民、激戦の1区 - 2、3区は自民優位か/本社世論調査 衆院選2017[2017.10.17]

考古学で解く太子の世界 - 飛鳥時代の古墳解説/王寺で歴史講座写真付き記事[2017.10.17]

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017[2017.10.17]

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン写真付き記事[2017.10.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ