このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


そろり10メートル“道半ば” - 唐招提寺御影堂修理で曳家工事

2017年9月22日 奈良新聞

ジャッキに押されて移動する御影堂の宸殿=21日、奈良市五条町の唐招提寺

 奈良市五条町の唐招提寺は21日、鑑真和上坐像(国宝)を安置する御影堂(国重要文化財)の平成大修理で、建物を解体せずに移動させる「曳家(ひきや)」工事を開始した。主要部の宸殿(しんでん)と玄関部分を切り離し、10月末までにそれぞれ北側へ約30メートル移動。発掘調査を行った後、建物基礎の補強工事に着手する。

 この日は、宸殿(東西約23メートル、南北約15メートル、重さ約90トン)の曳家を実施。ジャッキで建物を地面から約60センチ持ち上げて4列のレールに乗せ、水平方向の別のジャッキ4台でゆっくりと押して移動させた。1回の作業で約80センチ動かし、夕方までに約10メートル進んだ。

 御影堂の建物は江戸時代の慶安3(1650)年ごろに興福寺一乗院として建立。明治維新後、奈良地方裁判所などに使用され、昭和39年に現在の場所に移築された。

 しかし、地盤沈下による建物傾斜や雨漏り被害が発生。寺は県文化財保存事務所に委託し、4月から約50年ぶりの本格修理に開始した。建物の基礎工事の後、再び建物を元の場所に戻し屋根の葺き替えなどを実施。総工費は約7億5000万円を予定で、平成33年3月の完成を目指す。

 西山明彦長老は「50年前の先人たちの努力がなければ、今の御影堂はなかった。今回も多くの人の協力を得て、貴重な文化財を次の世代に引き継ぎたい」としている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ