このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


「唯一の手法」に異論 - 揺らぐDBOの優位性/奈良市新斎苑

2017年9月21日 奈良新聞

 奈良市が新斎苑(火葬場)の事業手法として採用を予定する「DBO」(デザイン・ビルド・オペレーション)について、設計・建設(DB)業務の契約を先行させ、施設完成までに運営方法(O)を決める方法を採ったとしても、平成33年度の新斎苑稼動の事業スケジュールにほぼ問題がないことが、20日の市議会決算審査等特別委員会(東久保耕也委員長)で明らかになった。コスト削減効果とともに、「工期的にも」同手法でしか目標年度に間に合わないと強調していた仲川元庸市長の説明は根拠が揺らぐことになり、21日に予定される同特別委での新斎苑をめぐる集中審査が注目される。

 柿本元気氏(市民の声)が質問。市は「従来方式では設計・建設を個別に発注、おのおの入札を行うなど事務的期間が必要で、設計完成後でしか工事発注できない」と説明。また「DBをセットで契約し、Oを後回しにした場合、工期は一括発注のDBOとどう異なるのか」との問いには「工事等に関しては相違はない」とし、DBO発注に向け準備している要求水準書の内容変更にどれだけ時間がかかるかが「不確定」とした…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]

漱石を所蔵資料で紹介 - 天理図書館で開館87周年記念展写真付き記事[2017.10.18]

黒滝白きゅうり 県知事賞に中井さん - 品評会の表彰式写真付き記事[2017.10.18]

希望、自民、激戦の1区 - 2、3区は自民優位か/本社世論調査 衆院選2017[2017.10.17]

考古学で解く太子の世界 - 飛鳥時代の古墳解説/王寺で歴史講座写真付き記事[2017.10.17]

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017[2017.10.17]

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン写真付き記事[2017.10.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ