このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月20日 奈良新聞

 衆院議員の任期は4年。ただし解散の場合には満了を待たず任期が終わる。だから同議員はいつ選挙になっても対応できる気構えが欠かせない。

 それを称して常在戦場というらしい。もちろん精神論ではなく具体的な選挙準備が求められるが、実際には尻に火が着くまで動かないという面も。

 今回も政局が来週開会の臨時国会冒頭で解散、総選挙の流れで一気に動き出したものの、県内では自民党の候補者調整がまだ決着しておらず、野党第一党の民進党は3区候補の影も見えない。

 そんな中で共産党が即応、18日に奈良市内で街宣に乗り出したのが目をひいた。ただ野党共闘をめぐる中央レベルの協議はなお見通せない状態だ。

 一方、今回の政治日程について臨時国会で首相に対する野党の追及をかわす意図が指摘される。自民党県連の人事調整も先送りしてきた課題を時間切れで収拾するやり方なら批判を免れない。

 そもそも政治家が持つべき常在戦場の心得とは、選挙に勝ち残る方策ではなく有権者の声に耳を傾ける姿勢に違いない。政局がご都合主義で決まっては不安と不満が募る。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ