このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月15日 奈良新聞

普通なら“美談”となるところだが、どうもすっきりしないものとなった。昨日、御所市の産廃業者が同市に2000万円を寄付した。

 今年の5月、廃棄物処分場でごみの分別作業をしていた作業員らが、100万円の札束2000万円分を発見した。現金を目にして休憩室にいた5人で半分を山分けした。

 1000万円を拾得物として高田署に届けたが、高額現金の拾得として報道されたため、「大ごとになった」とあわて、「実は…」となったようだ。

 5人は窃盗の疑いで書類送検され、会社も処分したという。そんないわく付きの2000万円が、持ち主が現れなかったため、処理業者の会社のものになり、今度の寄付となったわけだ。

 財政厳しい同市のことなので、普通なら気持ちよく受け取りたいところだ。会社の金でなく拾得物だけになおさらだし、地元の川口正志前県会議長も同行するという物々しさだ。

 その会社が「一般廃棄物」の最終処分場の許可を巡って、同市の都市計画審議会に働きかけもしている。まさかと思うが、この“美談”の思惑さえもかいま見える。(治)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]

漱石を所蔵資料で紹介 - 天理図書館で開館87周年記念展写真付き記事[2017.10.18]

黒滝白きゅうり 県知事賞に中井さん - 品評会の表彰式写真付き記事[2017.10.18]

希望、自民、激戦の1区 - 2、3区は自民優位か/本社世論調査 衆院選2017[2017.10.17]

考古学で解く太子の世界 - 飛鳥時代の古墳解説/王寺で歴史講座写真付き記事[2017.10.17]

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017[2017.10.17]

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン写真付き記事[2017.10.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ