このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月12日 奈良新聞

 学校の部活動のあり方が再び注目されている。教員、生徒の負担増の実態を受け、国は今年初め中学、高校の部活での適切な休養日設定を教育委員会などに通知した。

 本年度、いくつかの自治体が休養日を導入。先日は静岡市が、中学の部活での週3日の休養日設定の指針を示した。

 休養日問題は結局、学校の部活に何をどこまで求めるかということだろう。勝利や優秀な成績を至上とするなら、練習量の呪縛から抜け出すのは容易でない。

 一方、楽しさを優先するなら休養日にさほど抵抗はないだろう。どちらが学校の部活のあるべき姿かは、同じ土俵で語ることに限界もある。

 県のスポーツ振興にもかかわりの深い元五輪選手の朝原宣治さんに、主宰する陸上のクラブチームの話を聞いたことがある。運動分野に関しては、能力や目標などに応じて指導が受けられる地域単位の組織の普及も検討されていい方策かもしれない。

 教員の負担軽減では、今春から部活動指導員が制度化された。ただ、部活に多様な思いを持つ生徒側の視点に立てば、学校内の対応だけでは先が見通しにくい。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ