このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月7日 奈良新聞

 来年のあす9月8日が明治と改元されて150年ということで、「明治維新」関連の出版物やテレビの特集などが目につくようになった。

 たしか昭和43年だったか、「明治百年」を祝う行事が数々行われた記憶がある。あれから50年もたったかと思うと、幕末も明治もそんな遠い出来事でもない。

 奈良は千数百年の歴史があるから、「つい昨日のことのようだ」と言えば笑われるかもしれないが、「国の始まりは大和の国」で、飛鳥、奈良時代から、ずっと続いて今がある。

 「維新」の言葉は政党名となるほど響きはいいが、実態はどうだったか、そんな見直す書籍が数多く出ている。薩摩と長州による政権交代劇だったという。

 明治物の本を読むと、庶民の暮らしは、江戸時代をそのまま引きずり、東京と名前を変えた江戸が、急激に変化していたことが分かる。文明開化の名のもとに古いものは捨てられた。

 新しいものを取り入れることはいいが、先の大戦に突き進んだ日本を見れば、何が間違っていたかを点検せねばなるまい。天平文化の国際文化都市・奈良を見直す時か。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]

吉中さん(作文部門)ら表彰 - 秀作ずらり、JA各種コンクール写真付き記事[2018.02.19]

生活支援 拠点施設 など建設のために - チャリティー展示販売会/24日からイオンモール大和郡山で写真付き記事[2018.02.19]

村島さんら村長賞 - 「ありがとうを伝えたい人へ」エッセイ写真付き記事[2018.02.19]

県勢、決勝届かず - 奈良育英、県初3位/近畿高校バスケ 新人大会写真付き記事[2018.02.19]

高い県内罹患率 特に南部や奈良 - 「結核」なお警戒[2018.02.18]

奈良発、新ビジネスを - 森さん知事賞/県コンテスト写真付き記事[2018.02.18]

ガイド、技と心で - 露木さん(桜井)最優秀/NARA観光コンシェルジュ アワード写真付き記事[2018.02.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ