このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月4日 奈良新聞

 平成23年9月の台風による紀伊半島大水害から6年になる。県内被災地では一定の復興は果たしたが、いまだに行方不明者が存在するなど災害はまだ終わっていない。

 7年の阪神・淡路大震災以降を振り返るだけでも、国内では地震、水害での大災害が数多く発生した。そのつど私たちは学び、対策を講じた。

 地震では南海トラフ地震の発生も見据え、対策計画見直しや各種訓練、自主防災組織の構築、家庭での減災と備えなどが実践されてきた。一方で豪雨に伴う災害に対してはどうか。

 今年は50年に一度の大雨が降り、土砂災害警戒情報の発表、避難指示や勧告が発令されることが多発した。豪雨関連災害の方がより身近になってきた感がある。

 地震と豪雨では避難方法やタイミング、備えるべき物品も異なる。地震と比べてある程度の予測が可能という点では、先手の対応が行政、個人双方に求められることにもなろう。

 地震での津波被害がない「海なし県」の住民としては、その分の意識を豪雨に向け、対策を考えておきたい。それが災害犠牲者への慰霊にもつながるはずだから。(智)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ