このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


8.7メートル以上 石舞台級の大型石室か - 小山田古墳の羨道

2017年8月25日 奈良新聞

確認された石室の入り口部分=13日撮影、明日香村川原の小山田古墳

 今年3月に飛鳥時代最大級の方墳と判明した明日香村川原の小山田古墳(7世紀中ごろ)で、横穴式石室の通路部分にあたる羨道(せんどう)の長さが8・7メートル以上あったことが分かり、県立橿原考古学研究所が24日、発表した。橿考研は「石舞台古墳に近い規模の大型石室だった可能性がある」としている。

 小山田古墳は平成27年1月に石を貼った巨大な掘割が見つかり、今年3月には羨道の痕跡を検出、1辺70メートルの方墳と確定した。今回は石室の規模と構造を確認するため、範囲を広げて調査した…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ