このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


光輝く古代の七夕 - 天平祭きょう開幕/27日まで平城宮跡

2017年8月25日 奈良新聞

きょう25日から始まる平城京天平祭を前に行われたイベントリハーサル=24日、奈良市の平城宮跡

 七夕をテーマとして古都奈良の夏の夜を彩る「天平たなばた祭り―平城京天平祭・夏」(平城宮跡にぎわいづくり実行委員会、県、奈良市主催)が、きょう25日から、奈良市の平城宮跡で開かれる。天の川をモチーフとした「燈花会@大極殿」や万葉歌の世界を光と灯りで演出した「天平七夕行列」など、光のイベントを多数開催。24日夜にはイベントの一部が報道陣に公開され、平城宮跡が幻想的な雰囲気に包まれた。27日まで。

 現在の8月下旬に近い旧暦7月7日に、奈良時代の平城宮で盛んに行われた七夕の祭にちなんで開催。

 第一次大極殿前には「宇宙のキラメキ・インドラの網:ミラーボラー」を設置。奈良時代に大陸から伝わった仏教の概念を具現化している。

 第一次朝堂院のウォータースクリーンでは今年、中国・唐に派遣されて1300年目を迎えた阿倍仲麻呂の人生をモチーフにした映像を放映。また七夕の男女を出会いを表したアートパフォーマンス「光の舞・Ⅱ」も行われる。

 天平人の眺めた宮跡の夜空を天体望遠鏡で楽しむ「天平・星めぐり」も開催。第一次朝堂院特設ステージでは中国・二胡の演奏やコンサートなどを開く。食を楽しむ「夏の夜市&子ども縁日」のほか、人気のかき氷店を多数出店する「天平かき氷祭り」も。

 時間は午後4時から同9時まで。入場無料。近鉄大和西大寺駅とJR奈良駅から無料シャトルバスが運行される。

 問い合わせは平城京天平祭実行委員会、電話0742(25)0707。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]

吉中さん(作文部門)ら表彰 - 秀作ずらり、JA各種コンクール写真付き記事[2018.02.19]

生活支援 拠点施設 など建設のために - チャリティー展示販売会/24日からイオンモール大和郡山で写真付き記事[2018.02.19]

村島さんら村長賞 - 「ありがとうを伝えたい人へ」エッセイ写真付き記事[2018.02.19]

県勢、決勝届かず - 奈良育英、県初3位/近畿高校バスケ 新人大会写真付き記事[2018.02.19]

高い県内罹患率 特に南部や奈良 - 「結核」なお警戒[2018.02.18]

奈良発、新ビジネスを - 森さん知事賞/県コンテスト写真付き記事[2018.02.18]

ガイド、技と心で - 露木さん(桜井)最優秀/NARA観光コンシェルジュ アワード写真付き記事[2018.02.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ