このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


舞や演奏にぎやかに - 来月3日に「かなで奉納舞台in高畑不空院」

2017年8月22日 奈良新聞

舞を奉納する菊乃さん(右)と不空院住職の妻の早苗さん=奈良市登大路町の県庁

 奈良市の花街「元林院」の芸舞子が「宇迦辨財(べんざい)天女像」(室町時代)に踊りを奉納する「かなで奉納舞台in高畑不空院」が、9月3日午後3時から、同市高畑町の不空院(三谷真漣住職)で開かれる。周辺住民らが結成した「高畑街道祭りの会」が初開催。催しをきっかけに、かつて春日大社の神職が住んだ社家町で、多くの文化人たちにも愛された高畑町の活性化を目指す。

 不空院は芸事の神の同天女像を祭り、大正から昭和期には元林院の芸妓(ぎ)たちの信仰を集めた。さらに縁切り、縁結びの寺院としても知られ、悩みを抱える女性の「駆け込み寺」の役割も果たした…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新駅改札を地下に - 近鉄郡山駅移転[2017.09.20]

法人税も寄付金も減 - 天理市の課題(中)写真付き記事[2017.09.20]

炎上の車、40メートル自走 - 積荷の酸素ボンベ爆発/生駒写真付き記事[2017.09.20]

県内地価、10年連続下落 - 下落幅、昨年より拡大写真付き記事[2017.09.20]

河瀬監督の新作「Vision」 - 吉野で撮影開始写真付き記事[2017.09.20]

異文化でおもてなし - 法隆寺国際高が留学生21人受け入れ写真付き記事[2017.09.20]

最優秀賞に梅津さん - 広陵「靴下デザインコンテスト」写真付き記事[2017.09.20]

法隆寺国際、18安打快勝 - 秋季近畿地区高校野球県予選写真付き記事[2017.09.20]

建設費高騰に懸念も - ごみ処理の広域化/天理市の課題(上)写真付き記事[2017.09.19]

目に鮮やか十二単 - きものの祭典/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ