このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月21日 奈良新聞

 20日に県代表の天理が四強入りした全国高校野球選手権大会。甲子園での観戦やテレビ、ラジオの前で高校球児の熱闘に手に汗握っている人は多い。

 他の競技にも目を向けよう。東北では全国高校総合体育大会が20日まで開かれ、ホッケー、ボクシングなどで県勢が日本一に輝く活躍を見せてくれたのは本紙既報の通り。

 スポーツは青春ドラマの題材になりやすいが、最近はいわゆる文化系の「甲子園」が脚光を浴びている。「まんが甲子園」「写真甲子園」など多様な大会が開かれているのだ。

 もちろん甲子園球場を舞台にしているわけではなく、高校生が覇を競うので、甲子園の名を拝借しているわけだ。元祖甲子園に負けない熱い戦いになっている。

 体育系であれ、文化系であれ、若者が一つの目標に向かって精いっぱい努力するのは尊いし、将来に向けての大きな糧となるのは明らかだ。

 安易に甲子園を名乗らないでとの意見もあるだろうが、憧れの甲子園の裾野が広がっているのは歓迎したい。NHK「紅白歌合戦」で、両チームどちらも頑張れの気持ちといえば、安直か。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]

吉中さん(作文部門)ら表彰 - 秀作ずらり、JA各種コンクール写真付き記事[2018.02.19]

生活支援 拠点施設 など建設のために - チャリティー展示販売会/24日からイオンモール大和郡山で写真付き記事[2018.02.19]

村島さんら村長賞 - 「ありがとうを伝えたい人へ」エッセイ写真付き記事[2018.02.19]

県勢、決勝届かず - 奈良育英、県初3位/近畿高校バスケ 新人大会写真付き記事[2018.02.19]

高い県内罹患率 特に南部や奈良 - 「結核」なお警戒[2018.02.18]

奈良発、新ビジネスを - 森さん知事賞/県コンテスト写真付き記事[2018.02.18]

ガイド、技と心で - 露木さん(桜井)最優秀/NARA観光コンシェルジュ アワード写真付き記事[2018.02.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ