このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月12日 奈良新聞

 改選後初の臨時議会を週明けに控えている奈良市だが、注目された会派構成も、第1会派を目指した自民党がほぼ固まったようだ。

 仲川元庸市長が3選したことと、市長批判の中心にいた大物議員が落選したことで、議会の様相も大きく変化しよう。市民の厳粛な審判を受けたのだから、議員も変わらねばなるまい。

 ほぼ同時に行われた東京都議会も始動した。次の国政選挙に連動するといわれただけに、新党の立ち上げも現実味を増してきた。しばらく目を離せない。

 内閣改造で支持率が少しだけ回復した自民党だが、野党第1党の民進党は低迷から脱していない。そんな政治情勢で、市長選に惨敗した自民党県連に反省の色が見えない。

 奥野信亮県連会長の辞意は聞こえてきたが、それっきりだ。総務副大臣に就任して、県民としては喜びたいが、地元のことはもうどうでもいいのかとも思う。

 きちんとけじめをつけて、次に進んでもらいたい。県連内部の亀裂は、きわめて深刻だ。総退陣して、新しい体制を作らないと、風向きは新党に流れることになる。今度の総選挙は大変だ。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]

吉中さん(作文部門)ら表彰 - 秀作ずらり、JA各種コンクール写真付き記事[2018.02.19]

生活支援 拠点施設 など建設のために - チャリティー展示販売会/24日からイオンモール大和郡山で写真付き記事[2018.02.19]

村島さんら村長賞 - 「ありがとうを伝えたい人へ」エッセイ写真付き記事[2018.02.19]

県勢、決勝届かず - 奈良育英、県初3位/近畿高校バスケ 新人大会写真付き記事[2018.02.19]

高い県内罹患率 特に南部や奈良 - 「結核」なお警戒[2018.02.18]

奈良発、新ビジネスを - 森さん知事賞/県コンテスト写真付き記事[2018.02.18]

ガイド、技と心で - 露木さん(桜井)最優秀/NARA観光コンシェルジュ アワード写真付き記事[2018.02.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ