このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


お顔すっきり - 東大寺・お身拭い

2017年8月8日 奈良新聞

天井からつるされたゴンドラで大仏のほこりを払う奉仕者ら=7日、奈良市雑司町の東大寺

 奈良市雑司町の東大寺大仏殿で7日、本尊・盧舎那仏(るしゃなぶつ=大仏)の「お身拭い」が営まれ、1年間に積もったほこりが払われた。

 午前7時ごろ、狹川普文別当が大仏の魂を抜く作法を行って読経。二月堂の湯屋で身を清めた僧侶や奉仕者ら約180人が、高さ約15メートルもある大仏の頭や手に乗り、はたきやほうきを使って丁寧にほこりを払った。

 お身拭いは昭和39年から毎年実施されており、参拝者は、2時間半ほどの作業で黒い輝きを取り戻した大仏さまを見上げ、手を合わせたりカメラのシャッターを切っていた。

 今年初めて参加した名古屋市の会社員畠山晴樹さん(45)は「積み重ねられた歴史の重みを感じた」と感無量の様子だった。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ