このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


お顔すっきり - 東大寺・お身拭い

2017年8月8日 奈良新聞

天井からつるされたゴンドラで大仏のほこりを払う奉仕者ら=7日、奈良市雑司町の東大寺

 奈良市雑司町の東大寺大仏殿で7日、本尊・盧舎那仏(るしゃなぶつ=大仏)の「お身拭い」が営まれ、1年間に積もったほこりが払われた。

 午前7時ごろ、狹川普文別当が大仏の魂を抜く作法を行って読経。二月堂の湯屋で身を清めた僧侶や奉仕者ら約180人が、高さ約15メートルもある大仏の頭や手に乗り、はたきやほうきを使って丁寧にほこりを払った。

 お身拭いは昭和39年から毎年実施されており、参拝者は、2時間半ほどの作業で黒い輝きを取り戻した大仏さまを見上げ、手を合わせたりカメラのシャッターを切っていた。

 今年初めて参加した名古屋市の会社員畠山晴樹さん(45)は「積み重ねられた歴史の重みを感じた」と感無量の様子だった。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]

緑の葉から青色に - 児童、藍染めに歓声/五條高で体験会写真付き記事[2017.08.22]

舞や演奏にぎやかに - 来月3日に「かなで奉納舞台in高畑不空院」写真付き記事[2017.08.22]

新規就農の実態解説 - 農業金融の出張講義/日本公庫写真付き記事[2017.08.22]

新斎苑に76億円 - 補正予算提出へ/奈良市[2017.08.21]

30年ぶりみこし復活 - 五條・波宝神社「岳祭り」写真付き記事[2017.08.21]

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権写真付き記事[2017.08.21]

頂点へ高まる期待 - 「高らかにファンファーレ」/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ