このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月8日 奈良新聞

 京都の夏の風物詩、鴨川の納涼床は、その歴史が豊臣秀吉の時代にさかのぼるという。江戸中期には、約400軒の茶屋が床几(しょうぎ)の場所を決めていたと京都鴨川納涼床協同組合のホームページにある。

 当時は浅瀬に床几を置くなどしていたようで、エアコンがない時代の楽しい夕涼みだった。

 水辺の飲食に人が集まるのは、座敷にはない開放感と涼しげな風情があるからだろう。16日から10日間、奈良市の猿沢池に川床ならぬ「池床(いけどこ)」が登場する。

 約70席が設けられ、「楽座手形」(500円)を買って入場、池の向こうにはライトアップされた興福寺五重塔も眺められる。

 京都と共通するのは隣に花街があることだろう。納涼床が五花街の一つ先斗町なら、こちらは最盛期に300人近い芸妓(げいぎ)がいたといわれる元林院だ。池床のステージでは、元林院花街による「舞の宴」も開かれる。

 夏の夜、舞を楽しんだその足で、花街をそぞろ歩くのも乙なもの。「猿沢池の月」は南都八景の一つだが、今年はひと味違った古都の風情を楽しんでみたい。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

田野瀬、地盤軸に優位 - 前川、所 支持拡大図る/17衆院選 終盤の情勢-3区-[2017.10.20]

右から見れば遣唐使船 左から見れば贈り物 - 織物の縁起図像奉納/元興寺写真付き記事[2017.10.20]

迫力の取組 大歓声 - 4横綱そろい 土俵入り披露/大相撲香芝場所写真付き記事[2017.10.20]

文豪の軌跡たどって - 天理図書館で漱石展写真付き記事[2017.10.20]

力いっぱい刈り取り - 米の収穫体験授業写真付き記事[2017.10.20]

自社製品通じ 県の魅力発信 - 「ビジネスマッチなら・かしはらビジネス商談会」写真付き記事[2017.10.20]

高市、支持固め着々 - 松本、霜鳥、浸透へ懸命/17衆院選 終盤の情勢-2区-[2017.10.19]

ひったくり急増58件 - 特殊詐欺被害3億円/県警犯罪認知[2017.10.19]

天誅組 若き日の実像 - 橋本若狭直筆の新たな文書発見/丹生川上神社下社神官写真付き記事[2017.10.19]

落語の想像力を応用 - 「エアリハ健康術」伝授/お笑い理学療法士の日向さん写真付き記事[2017.10.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ