このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月8日 奈良新聞

 京都の夏の風物詩、鴨川の納涼床は、その歴史が豊臣秀吉の時代にさかのぼるという。江戸中期には、約400軒の茶屋が床几(しょうぎ)の場所を決めていたと京都鴨川納涼床協同組合のホームページにある。

 当時は浅瀬に床几を置くなどしていたようで、エアコンがない時代の楽しい夕涼みだった。

 水辺の飲食に人が集まるのは、座敷にはない開放感と涼しげな風情があるからだろう。16日から10日間、奈良市の猿沢池に川床ならぬ「池床(いけどこ)」が登場する。

 約70席が設けられ、「楽座手形」(500円)を買って入場、池の向こうにはライトアップされた興福寺五重塔も眺められる。

 京都と共通するのは隣に花街があることだろう。納涼床が五花街の一つ先斗町なら、こちらは最盛期に300人近い芸妓(げいぎ)がいたといわれる元林院だ。池床のステージでは、元林院花街による「舞の宴」も開かれる。

 夏の夜、舞を楽しんだその足で、花街をそぞろ歩くのも乙なもの。「猿沢池の月」は南都八景の一つだが、今年はひと味違った古都の風情を楽しんでみたい。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]

緑の葉から青色に - 児童、藍染めに歓声/五條高で体験会写真付き記事[2017.08.22]

舞や演奏にぎやかに - 来月3日に「かなで奉納舞台in高畑不空院」写真付き記事[2017.08.22]

新規就農の実態解説 - 農業金融の出張講義/日本公庫写真付き記事[2017.08.22]

新斎苑に76億円 - 補正予算提出へ/奈良市[2017.08.21]

30年ぶりみこし復活 - 五條・波宝神社「岳祭り」写真付き記事[2017.08.21]

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権写真付き記事[2017.08.21]

頂点へ高まる期待 - 「高らかにファンファーレ」/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ