このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


響く鐘、誓う平和 - 広島原爆の日

2017年8月7日 奈良新聞

「平和の鐘」を突く原爆被害者ら=6日、奈良市役所

 広島に原爆が投下されてから72年目の6日、奈良市役所や同市内の寺院などで「平和の鐘つき」が行われた。

 市役所では仲川元庸市長や奈良原爆被害者の会のメンバーらが原爆投下時刻の午前8時15分から、屋上塔屋の「平和の鐘」を10回つき、核兵器廃絶、恒久平和への誓いを新たにした。

 市内に住む同会の女性(77)は5歳のときに被爆。家族は助かったが、いとこ3人を亡くしたという。「原爆の日が近づくたびに悲惨な体験を母から聞いた。亡くなった人のことを考えると胸がいっぱいになる。大変な時代をくぐりぬけた今日の平和を守っていきたい」と目頭を押さえた。

 仲川市長は「戦争体験者の生の声を聞くことは非常に重要。体験者の高齢化で、戦争をいかに伝えていくかは教育の大きな課題」と述べた。

 同市内ではこの日、27の寺院で児童らが平和を祈る鐘つきに参加。西大寺では、紙芝居や平和を考えるトークも行われた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ