このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月7日 奈良新聞

 毎年のように各地で発生する風水害や地震禍。変化に富んだ地形と四季が織りなす豊かで美しい郷土は、その半面で災害列島の険しい顔も持つ。

 だから防災は特別な行為ではなく、普段の暮らしの中で日常的に取り組むことが大切。また住民が個々に自分のこととして考えなければいけない。

 そんな災害に強い地域づくりへ普及が目指されているのが防災士。日本防災士機構が認証する資格で、取得者は防災意識の普及や、災害時には助け合い精神のもとボランティアの輪を広げる。

 同機構によると全国の登録者数は先月末時点で約13万3千人。県内は2398人で絶対数は大阪府などに届かないが、人口比の普及率は近畿2位。

 今も県は25日まで、同資格取得の要件にもなる自主防犯・防災リーダー研修の参加者を募集中。別に試験を受ける必要があるが、一般県民に加え企業など組織ぐるみで挑む動きもあるという。

 きょうは台風5号が県に接近、南部を中心に風雨が強まる予想だ。急に防災士にはなれないが気象情報に注意して慌てず機敏に対処する心構えだけは、ぜひ再確認したい。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

師走の古都熱気 - 健脚ランナー1万9000人が参加/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

元気いっぱいスタート - 海外からの参加者も/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

初日から大盛況 - ひよしのさとマルシェ写真付き記事[2017.12.10]

腕の振り意識が大切 - 恒例ランニングクリニック/五輪メダリスト有森裕子さん写真付き記事[2017.12.10]

新築移転を検討 - 生駒署庁舎 耐震性など問題/県会一般質問[2017.12.09]

容疑者自ら通報 - 生駒女児殺人未遂[2017.12.09]

感謝の気持ち込め「針供養」 - 大原和服専門学園写真付き記事[2017.12.09]

自身に合う働き方を - 奈良で就労検討の女性向けセミナー写真付き記事[2017.12.09]

和田廃寺跡と同范 - 平城京跡出土の軒平瓦写真付き記事[2017.12.09]

知事、去就明言せず - 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ