このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月6日 奈良新聞

 「16万4621人、平均年齢81・41歳」―何の数字か、ご存じだろうか。被爆者健康手帳の所持者(3月末時点)の数である。

 広島、長崎で原爆に遭った被爆者は、その後、就職、転勤、結婚などいろいろな事情から、全47都道府県で暮らしている。広島、長崎以外で最も多いのは福岡県の6395人。次いで東京都の5487人、大阪府の5382人と続く。奈良は585人という。

 戦後70年を超えてもなお、差別や偏見を恐れて、被爆者であることを公表している人は少ないという。家族にさえ語らぬまま鬼籍に入ってしまった人も多いようだ。

 毎年、新聞やテレビ・ラジオでは、8月の初めからお盆の頃までは、原爆や太平洋戦争などに関する報道が続く。しかし、ニュースの情報源が携帯端末だけ、という生活なら、好きな情報のみを仕入れるだけになり、戦争の話題は避けられる傾向になるのではと危惧している。

 だからこそ、いろいろな機会をとらまえて、原爆や戦争の悲劇を伝えていく取り組みが、ますます重要になる。

 きょう広島は被爆から72年の「原爆の日」を迎える。(恵)

 

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]

緑の葉から青色に - 児童、藍染めに歓声/五條高で体験会写真付き記事[2017.08.22]

舞や演奏にぎやかに - 来月3日に「かなで奉納舞台in高畑不空院」写真付き記事[2017.08.22]

新規就農の実態解説 - 農業金融の出張講義/日本公庫写真付き記事[2017.08.22]

新斎苑に76億円 - 補正予算提出へ/奈良市[2017.08.21]

30年ぶりみこし復活 - 五條・波宝神社「岳祭り」写真付き記事[2017.08.21]

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権写真付き記事[2017.08.21]

頂点へ高まる期待 - 「高らかにファンファーレ」/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ